忍者ブログ
  浮世の馬鹿は起きて働け
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ブログからツイッターに移行しております


℃りけい。6巻発売されています、詳しくはウルジャンのサイトなどを参考に

もし青木潤太朗で検索しましてこちらにたどり着かれました方は、ツイッターアカウントのほうを参照していただければと思います

連絡その他、もろもろがモシありましたら、ツイッターのアカウント(aokijuntarouで検索すれば分かるかと)のDMなどからお願いします


gooメールのアドレスは今もう受信しておりませんのでご注意ください、ごめんなさい





PR

朝食:ヨーグルト、パイン、カフェオレ
昼食:きゅうりとハムのサンドイッチ、コーヒー、バナナ、プルーン
夕食:トースト、ポークのグリル(パインジュース・ソース)、トマト、カフェオレ、温野菜
間食:アイスクリーム、ルイボスティー


 集英社、スーパーダッシュ文庫さんから『ガリレオの魔法陣』が発売されました。


BP7S7BJCIAAoBiy.jpg







 発売から一週間たっちゃってからブログ更新という中途半端なタイミングで申し分けなし。だってなあ、発売日に書いても地方だと並んでないだろうなあ、とか・・・。

 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=37475523

 ちなみに表紙イラストの元画像はコレです、 ↑ テツさんのピクシブページにリンク。素敵でしょう? ねえ、やっぱりねえ、白髪でロリババアですもの。テツ・ザ・マイスターですよ。イングリッドみたい、とか言わないの。銀髪で可愛くて髪飾りでロリババアならぜんぶイングリッドとかそういうさびしいこと言わないで。読んでみたら、全然違うって分かっていただけるから。いやぶっちゃけイングリッド大好きだから全然OKだ

 じつはこの仕事でご一緒するはるか以前に(そんときは仕事どころかガリレオすら思いついてなかったのよ)、なんとなく「ロリババアの素敵さとはなんぞや」みたいに訊いた俺に「それはお姫様オーラじゃ」と鶴の一言をくれた人なのだよ。そういう、絵の巧さとか俺が個人的にファンだからとかそういうの超えた、なんだろう、かっこよく言うと創作に関してのスタンス、みたいなところでもチョッピリ尊敬できるような人なので、共著をだせたことはマコトに、嬉しい。ていうか単純にいい表紙だしね。ありがとうテツさん

 そして実はこのガリレオの魔法陣、表紙のテツさん以外にも、偽善者くんhttp://www.pixiv.net/member.php?id=3640と、ToMoさんhttp://www.pixiv.net/member.php?id=2477という、さらに二人のイラストレーターさんにも協力いただいています。これ、本当はあとがきで書きたかったんだけど、ページが足りなくなりましてね。身内への感謝と読者さんへの感謝なら、これは、読者さんを選ぼう、と想ったわけです。なのでココで書きますね。御ふたりとも、まことに、ありがとうございました。偽善者くんは魔法陣の模様デザインで、ToMoさんにはプロダクトやキャラのコスチューム(とくにシャオ)デザインで、多大な協力をいただきました。

 前の記事にも書いたとおり、アニメ企画として考えて、まずマンガにする、みたいなつもりだったもので(今マンガ化作業もジワジワすすめようかとしてる感じです。どうなるかな)、そんな経緯から、いろんな人にアドバイスや協力をしていただいてしまっているのです。応えられるように、キャラたちを育てていければと思っています。繰り返しになりますが、皆さん、まことに、ありがとう。


DSCN0618.JPG





 
↑じつは裏表紙がとてもかっこよいからスキ

 さて内容についても、少しだけ書かせて下さい。
 この『ガリレオの魔法陣』は、どういう物語かというと

『フォトショなどのDTPソフトで魔法陣を描き、それをプロジェクションマッピングで実行する事で、超技術インフラが起ころうとしている世界の話』

 です。

 『DTPで魔法陣』
 『ペンタブ、液タブが魔法の杖』
 『レイヤー分けして魔法陣――他の魔法陣を乗算すると、なにか起きるんじゃないか?』

 こういうギミックが、この物語の根幹です。ジョジョでいうとこのスタンド、ワンピースの悪魔の実、ハガレンの錬金術、みたいなもの。

 この世界では『魔法陣』は『魔法(オカルト)』ではなくて、科学や技術としてある。そういうノリ。しかし科学技術として発展し過ぎているので、時おり魔法にしか見えないようなことも起きる。そんな世界です。

 だから 『ガリレオ(科学の父)の魔法陣』としました。

 主人公は、映造人間(ホログラムヒューマノイド)のロリババア、リンシャオと、リンシャオをお婆ちゃんのように慕って成長した少年、レイル君。
 ホログラムヒューマノイドっていうのは、映像で出来たアンドロイドだと思ってもらえればいい。ぶっちゃけスタートイメージはアニメのロストユニバースのキャナルみたいな感じよ。小説版じゃなくてアニメ版ね。


 DSCN0746.JPG

 





 けっこう並んだな・・・。

 とにかく最近のラノベの中では、恐らくかなり『密度の高い』タイプになっていると思われるけれど、まずは立ち読みでいいんで、読んでみてほしい。あとがきからでOK(ネタバレしないから)。それでちゃんと伝わるように書いたつもりです。


 ――正直、書き始めるまでは、しばらくライトノベルから離れていました。
 そして、いざ自分でも書くんだと決めてから、『ああ、ライトノベルって面白いな』と、思い出せた。学生時代に、非常階段で授業サボって読んだりした、あのときのライトノベル。
 自分で書くことになったんだから、あの時くらい面白い、志の高いものを書きたいと思ってすすめたし、運も良いことに、極めて満足のいく一巻目が刊行できました。

 誰より楽しんだのは、きっと俺です。本にできたこと、心から、感謝します

 それでは。ガリレオの魔法陣。

 ℃りけい。(マンガ:わだぺん。さん。ウルトラジャンプ)ともども、どうか、よろしくお願いします。


 



 
アドレスの方に、釣人誌のことでお問い合わせをいただいた「I」さん。メールを返信しようとしてるのですが、どうも、送信エラーになります。アドレスが違うか、拒否にひっかかるみたいです。御連絡を返すことができません
この記事が見えましたら、よろしくおねがいします



朝食:バケット、イチゴジャム、バター、カフェオレ。
昼食:ヨーグルト、瓜、干しプルーン
夕食:娼婦風スパゲティ、胡瓜のサラダ、じゃがいものボイル、ブドウ
間食:スイカ、コーヒー


またしてもだいたい4ヶ月ぶりの更新です、ツイッターでやってるとなんともメンドクサくてやらなくなるね。ツイッター見てくれ、基本的に。


DSCN0615.JPG







7月25に、スーパーダッシュ文庫から【ガリレオの魔法陣】というライトノベルが出ます。どや? かっこいいやろ表紙。ホント嬉しいわ。
イラストをウケてくれたのは、tetsuさんという男前。ピクシブ見てる人間なら分かるだろう、イングリットの人だよ。月一ババアの人だよ。なんかさ、モチコミしてた時から単純にファンだったんで、マジすげえ嬉しい。このザラッと感をのこした画風が、ストⅡ系のイラストレーターらしくって、いいよね。本当に、ありがとう。幸せです



ガリレオは、キャラがひょこっと顔をだしてくれたのが去年の7月だから、ちょうど一年で本になったことになる。どりけいほどではないにせよ(どりはモチコミから半年かかってない)、形になるのが、とても早かったと思う。
アニメ系の企画として立ち上がって、ウルジャンで打ち合わせがすすんでいくうちに、先に、まずラノベにしたらどうか、みたいな話になり、そういう気なかったのだが、戸惑いつつもSD文庫に見せることになった。それが12月くらい。そんでコミケ直後に正式にラノベから始めることに決まった。
プロットはもう出来てたので、書き始めたのが1月中旬からかな。で、書き終わったのが4月頭。じつに凡庸な筆のスピードだね。

この物語。というか、どりけいでも、なんでもそうだけど、キャラの動く様を眺めながら書いているタイプの僕にとって、ほんっとうに楽しかった。胸が踊った。穏やかなドリとはまた全然ちがう方向性だよね。
ガリレオの、このキャラたちは、本当に、なんかこう、少年漫画的にというか、冒険譚的に素敵なヤツらです。とりあえず立ち読みしてみてくれると嬉しい。持って帰りたくなったら買ってみてくだせえ。絵が素敵だから、それほど損はないと思う

じつは残念なことに誤字や誤表現を見つけちまった。そこは版を重ねる時にでも修正させて頂きます。ごめんなさい。でも、そこまで致命的では無いと思うので、気づいた方々、どうか許して読んでやって下さい。

ロドリのほうの連載も、もうすこし続けることになりそうなのよね。あっちも楽しいんだまた。すごく贅沢な気分転換って感じで。

そんなわけで、ガリレオの魔法陣(イラスト:tetsu様)。
ウルジャンの℃りけい。(作画:わだぺん。様)ともども、どうか、よろしくお願いします。










だいたい四ヶ月ぶりの更新ですね。お久しゅうございます。


ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ、から℃りけい。の第五巻がでてしまいました。5だってよ5。なんか、連載始まった時の「奇跡が起こった時の最終目標」だった巻数ですよ。果報者や。しかしこのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ、っていう正式名称、かっこいいな


2be3f6a2.jpeg










わだぺん。さんに編集さんに、集英社ウルトラジャンプさんに、読者さんに、とにかく皆様に感謝です。ありがとうございますです。


なんか、最近ラノベ書き終わりました。ガリレオの魔法陣ていうやつ。SD文庫にサイト告知とかそろそろあるかも。編集さんの話だと、普通に行けば7月に一巻目出せるみたいです。ラノベか・・・ラノベ書くことになるとはなあ。意外。ほんと意外


ともあれ、℃りけい。ともども、どうかよろしくお願いします。あ、ロドリのほうの連載も、ありがたくも楽しませていただいておりますで、フヘヘ。









 なんかすっげー間が開いててスイマセン。というか見てる人いるのかしらこのブログ。


 もっぱらツイッターしだしてからブログめんどくさいですな。


 えっと、このあいた間にあったこと、℃りけい。の四巻が出たのです、担当さん、わだぺん。さん、アシさん、ありがとうございます。ていうかもうすぐ5が出るかもです。信じられないね。3巻出れば死んでいいやって思ってたのに。


 で、冬コミに出ます。詳しくはピクシブとかツイッター見てください。今回も豪華だよー趣味人には。釣人誌の3、入稿は出来てるので、印刷されてるといいな! 2はもう完全に在庫なくなったので、見本一冊おいておきます。1はね、まだあるんだ。在庫が。なんか、こっちはセットで売ります。3と1、セットで1000円かな。3だけなら700円。


 よろしくおねがいしますー











 











朝食:トースト、カーサジュリアのジャム、珈琲(ラパッツァとかいうの)、ヨーグルト、キウイ
昼食:カツ丼、桃
夕飯:ご飯、鶏の照り焼き、ブロッコリー茹でたの、たくあん、キャベツの味噌汁、オレンジ
間食:デニッシュパン、カフェオレ、ぶどう


 勉強シロイドに夢中な日々。
 あと英雄戦姫が超楽しみ。アセリアまたやりたい。人丸さんの絵、むかしはピンとこなかったのに、今はなんだかチンコギンギン。業の深い絵ですよあれ・・・。ナナルウ大好き

 

 なんだかずっぽり日が空いてしまいましたが、まあ、いろいろありまして。新年会とか楽しかったです。ナマで荒木飛呂彦さんを見ました。かなりの近距離で。素敵なダンディ様でした。



521842181.jpg








 さて、ご報告が遅くなりましたが、℃りけい。(集英社・作画:わだぺん様)の第三巻が無事に発売されております。
 あと今月っていうかもうすぐもう次号になってしまいますが、今売ってるウルジャンには℃の付録小冊子がついております。機があればぜひぜひお願いします。ロドリとかもあいかわらず。

 
 

 あ、受験とかの人がんば。今はその受験が人生のなかでかなりのウェイトを占めているかと思いますが、大丈夫。
 それに合格しようとも不合格しようとも、ほんの数年も経てば「些細なことだった」と想い出す日がキますので。

 所詮すべては些細なこと。

 今はそれに夢中になってファイッ ですよ






 


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[02/18 aoki]
[02/07 虎の子]
[12/26 aoki]
[12/26 aoki]
[12/24 tomo]
[12/24 グミ]
[11/12 aoki]
[11/11 AR]
[10/24 aoki]
[10/21 猫ベイダー]
プロフィール
HN:
青木潤太朗 (アオキ と表記されることもあり)
HP:
性別:
男性
職業:
どうしようもねえ・・・どうしようも、ねえよ・・・
趣味:
釣り全般  自作PC
自己紹介:
 ご連絡等々は 893aokijunあっとまーくmail.goo.ne.jp へお気軽にどうぞ。





バーコード
ブログ内検索
アクセス解析